極地彷徨―北インド古典音楽 & 菌類―

《 Live Information 》  ●2017/11/19 (sun) at 町田

菌生チャワンタケ

チャワンタケ不明種01

冬虫夏草を探し回って地面を這いつくばっていると、木の根元付近に白っぽいものが目につきました。
このあたりによくあるマメザヤタケの仲間がカビにやられたものかなと思いつつ見てみると様子が違います。



チャワンタケ不明種02

不明種 2017年7月下旬 東京都

カビたような菌糸のマットの上にチャワンタケの仲間と思われる茸がびっしりとついていました。
マメザヤタケの仲間は寿命が長い分、よく他の菌にやられているのは見たことがありますが、こんな光景は初めてでした。
もしかしたらマメザヤタケの仲間に専門に寄生する種なのかもしれません。

  1. 2017/08/14(月) 20:54:53|
  2. きのこ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コガネヌメリタケ

コガネヌメリタケ02

コガネヌメリタケ 2017年7月中旬 長野県

ヒダの縁取りが美しい黄金色の茸。

  1. 2017/08/09(水) 22:40:24|
  2. きのこ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ギベルラ

ギベルラ03


ギベルラの仲間 2017年7月中旬 長野県

蜘蛛を宿主とする冬虫夏草で、小川のすぐそばの草の上にひっそりと発生していました。
この手の虫草は探していると割とよく見かけるものですが、形はみなそれぞれ個性があるのが面白く、今回のはうねるように分生子柄束を伸ばしメデューサのような姿で、なかなかの完成度です。

  1. 2017/08/07(月) 18:39:02|
  2. 冬虫夏草|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

糞生チャワンタケ

糞生チャワンタケ01

チャワンタケの仲間 2017年7月上旬 山梨県

山を歩いているとよく見かけるシカの糞。
よく見るとポツリと何かがついています。



糞生チャワンタケ02


チャワンタケの仲間のようです。
動物の糞は菌類にとっては栄養の宝庫で、時間を追って様々な茸やカビが発生することが知られています。
中には結構レアな菌もあって憧れの種類もあるのですが、このチャワンタケは割とよく見られる種と思われます。
糞生菌は意外にも美しいものが多くてあなどれません。

  1. 2017/08/05(土) 23:21:24|
  2. きのこ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ニカワホウキタケ

ニカワホウキタケ03

ニカワホウキタケ 2017年7月中旬 長野県

森に佇む蝋細工。

  1. 2017/08/03(木) 18:05:11|
  2. きのこ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ