極地彷徨―北インド古典音楽 & 菌類―

《 Live Information 》  ●2017/11/19 (sun) at 町田

Ustad Sabri khan saheb


インド滞在を終え、無事に日本に戻りました。
帰国前2週間ほどはとてもばたばたしており、なかなか更新できてないですが、取材の成果も思った以上のものになりました。
それはまた報告するとして、今回の滞在の最後に、師匠の師匠である伝説的サーランギ奏者、Ustad Sabri Khan sahebのお自宅へ連れて行ってもらいました。
ついに!です。

Ustad Sabri Khan saheb 01


現在85歳を超えられており、演奏はほとんどされないようですが、とても元気にされてます。
それにしても写真では何度も見ていたけど、何歳になられてもかっこいい。
本当にハンサムな方だと思います。
優しく僕を迎えてくれました。

訪ねるとすぐにサーランギを弾けとのことになり、家族らの見ている中、サーランギを披露させていただきました。
かなり緊張しましたが、畏れ多くも勿体ないくらいのお褒めの言葉をいただき、とても嬉しかった。
でも一点、

「運指、変えたのか?」

と訊かれドキッとしました。
実は長く師匠を離れ独学で学んでいた最中、運指を変えていたのです。
他の流派の奏者の運指を見てきたということもありました。
これは師匠にもしょっちゅう注意されていて、なかなか直せるものでもないなと思っていた矢先でした。

「はい、日本にいる間、運指を変えてしまいました。」

「そうか。でも各音がちゃんとぶれずに出せてるからノープロブレムだよ。」

…えっ!
これはちょっと意外なお言葉でした。
サーランギは、というかインド音楽自体、決まった様式にとらわれ過ぎる必要のない音楽なのだな、と改めて痛感した思いです。
あるいはSabri Khan sahebご自身が、自分の流儀を押し付けることのない寛容さを持ち合わせているということなのかもしれません。

取材や演奏活動など、かなりの充実したサーランギの活動ができた今回の滞在の最後に、Sabri Khan sahebにお会いすることができたというのは感慨深いものがありました。
これからもお元気に、長生きしていただきたいです。

最後に70年代のSabri Khan sahebの映像を以下に貼っておきます。




  1. 2013/12/27(金) 00:44:11|
  2. インド2013|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

冬至のインド音楽イベント

12222013フライヤー5


(画像はクリックすると拡大できます。)


2013/12/22(sun)
open 17:30/start 18:00
at BookCafe Kamalkakri(Pahalganj, Delhi)
charge : 投げ銭お願いします。

bansuri : Yahor Jeihalo
sarangi : Shinsuke Nishizawa
tabla : Subhankar Chatterjee

インド滞在も残りわずかとなってきました。
しばらくお休みされていたパハールガンジのBookcafe Kamalkakriさんがちょうど営業再開され、それに合わせてライブさせていただくことになりました。

22日はちょうど冬至だそうです。
古代のインドでは冬至の日に女性がブランコに乗る儀礼が行われたとか。

今回のインド滞在最後のライブであり、今年最後のライブになります。
頑張ります。

  1. 2013/12/19(木) 05:09:01|
  2. ライブ情報|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

サーランギ取材報告 その4

Asif Ali Khan 01

だいぶ更新サボってますが、取材は割と順調に進んでいます。
一部報告します。

上の写真はAsif Ali Khan。
キラナ・ガラナのサーランギ奏者で、今回の取材した奏者の中でも最年長の奏者。
フランスのレーベルよりタブラなしの独奏のみを収録したCDが出ています。
同じキラナ・ガラナのHafizullah Khanとはかなり異なる味わいの演奏をされます。
もちろん今回はタブラありの収録です。
タブラはMurad Aliの兄弟に当たるAmaan Aliにお願いしました。


Ahsan Ali Khan 01

Asif氏のご子息Ahsan Ali。
彼は4,5年前、代々木で毎年開かれるナマステインディア・フェスティバルにインドからのミュージシャンの一人として招致されて来ていたことがあり、たまたま自分も舞踊の伴奏で出演しておりその時に少し話をしたことがあります。
その時のことも覚えていてくれました。
狭い世界とはいえ、こうした縁がまた繋がるのは嬉しい。

しかし今回親子揃っての取材が多く実現しています。
古典音楽の奏者はほとんどが音楽家の家系に生まれ、代々技を引き継いでいるわけですが、先代との個性の違いや共通点が垣間見えるし、親子のジャガルバンディ(同時に演奏)ではさすがに息の合った演奏を見せてくれることが多い。
なかなか貴重なものを見せていただいてると思います。


Ghanshyam sisodia 01

グワリオール・ガラナに属し音楽家家系の9代目というGhanshyam Sisodia。
タブラは兄弟のMadan Lal Sisodia。
考えてみると、今のところ唯一のヒンドゥー教徒ですね。
カタックの伴奏でコンサートに出演されていて、その時の演奏に惹かれ取材をお願いしました。
師匠が属するモラダバード・ガラナの奏者とはかなり違った味わいの演奏を聴かせてくれます。

  1. 2013/12/14(土) 15:13:09|
  2. インド2013|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0