極地彷徨―北インド古典音楽 & 菌類―

《 Live Information 》  2017/10/21 (sat) at 根津    ●2017/11/19 (sun) at 町田    ●2018/2/3 (sat) at 町田

ツチクラゲ

ツチクラゲ01

ツチクラゲ 2017年7月中旬 長野県

今回の長野旅行で行ったキャンプ場はとても気持ちのいいカラマツ林の中にあって、カラマツの落ち葉が適度なクッションになりテントを張るのも快適、近くには小川も流れていてとてもよい環境の場所でした。
山深くでそんなに人は多くありませんでしたが、先客にはバーベキューをしている人も。
テントを張る場所を決めようと、地面を眺めてみると、なにやら茶色い物体がそこかしこに。
よく見るとツチクラゲという茸で、周りを歩いてみるとテント場のかなり広い範囲に発生していました。




ツチクラゲ02


地味ながら、白い縁取りが特徴的で名前の通りクラゲを連想させる姿です。
この茸、樹木にとってはかなり深刻な病害菌らしく、主に松やモミ、カラマツといった針葉樹を枯らす厄介な菌であるそうです。
面白いのが山火事跡、焚き火跡など高温となった場所に好んで発生するということ。
焚き火などで火を使うことが多いキャンプ場は生育に適した環境というわけです。
ということは自分のテントの近くでバーベキューをして盛り上がっている人達とある意味共生関係にあるということでもあり、そんな当人達はいさ知らずな菌界と人間界との接点に思いを馳せながら夜のお酒を楽しんだのでした。

  1. 2017/08/01(火) 23:57:00|
  2. きのこ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0