極地彷徨―北インド古典音楽 & 菌類―

《 Live Information 》  2017/11/19 (sun) at 町田    ●2018/2/3 (sat) at 町田

タブラ ライブ情報 2017年11月19日

万象房インド音楽シタール教室 第6回発表会&懇親会




『万象房インド音楽シタール教室 第6回発表会&懇親会』

2017/11/19(sun) 
14:45 open / 15:00 start
観覧の方 : ¥1500(1ドリンク+軽食付)


・当日のタイムテーブル(予定)
15:00~ グループレッスンチーム

15:30~ 個人レッスンチーム

16:00~ 講師レクチャー&演奏
      シタール:国分あきこ
      タブラ:西沢 信亮

17:00~ 懇親会(自由解散)


会場・万象房(BANSHOW-BOH)
東京都町田市森野1-34-18-5F
(小田急線「町田駅」北口より徒歩3分)
http://musictown2000.sub.jp/banshowboh

お問合せは万象房へ
TEL.042-851-8875(月曜休)

万象房シタール教室についての詳細はこちらのページをご覧ください。
http://musictown2000.sub.jp/banshowboh/sitar_kokubu.html


***


国分あきこさんのシタール教室の発表会にて、タブラを伴奏させていただくことになりました。
タブラを人前で演奏するのは初めてですが、楽しみです。
シタール教室発表会は毎年行われており、今年は6回目。
万象房の楽器教室の先輩である国分さんの指導法を間近で眺めることができ、その面でもとても刺激をいただいています。
一般の方の観覧、大歓迎です。是非お気軽にお越しください!

※なお、サーランギは一切演奏しません。

  1. 2017/10/25(水) 22:41:23|
  2. ライブ情報|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

フクロツチガキ

フクロツチガキ03

フクロツチガキ 2017年9月上旬 埼玉県

  1. 2017/10/20(金) 22:54:51|
  2. きのこ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

クチベニタケ

クチベニタケ03

クチベニタケ 2017年9月上旬 埼玉県

夏の終わり頃から秋にかけて毎年見かけます。
いつも気になるのが胞子を放出する赤い部分の不思議な模様。
一体どんな意味があるのでしょう?

  1. 2017/10/16(月) 22:59:55|
  2. きのこ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ナギナタタケ

ナギナタタケ03

ナギナタタケ 2017年9月上旬 埼玉県

山火事発生!

  1. 2017/10/11(水) 21:46:18|
  2. きのこ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ワカクサタケ

ワカクサタケ03

ワカクサタケ 2017年9月上旬 埼玉県

久しぶりに出会った稀菌ワカクサタケ。
数少ない緑色の茸ですが、緑色の褪色が早いうえに、非常にもろい質感のため、なかなか良い被写体には出会えません。
今回のものは笠にわずかに破れがありますが、なかなかのコンディション。
特徴の緑色がしっかりと出ています。




ワカクサタケ02


こちらは成菌。
良い状態で成長していますが、育つにつれて緑色は褪色して黄みがかった色合いになります。
柄も透明感があってきれいですね。
欲を言うとコケの上とか、もうちょっと背景が絵になるところに出てくれるといいのですが、出会うこと自体稀な茸なので文句は言えません。

  1. 2017/10/08(日) 22:45:39|
  2. きのこ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ニクアツベニサラタケ

ベニチャワンタケモドキ05

ベニチャワンタケモドキ?ニクアツベニサラタケ 2017年9月上旬 埼玉県

この種にしては渋い色合いで、形もずんぐりとしています。
幼菌時ならではの姿なのでしょう。
外側に細かな毛を持つのがベニチャワンタケ、持たないのがベニチャワンタケモドキとするという話も聞き、その場合、写真のものはうっすらした毛が確認できるのでベニチャワンタケとなりますが、ベニチャワンタケは早春、晩秋の茸とされ、実際その時期に何度も見ている典型とは異なるように思います。
まあ要するに肉眼ではよくわかりません。


→2017年10月14日追記

ニクアツベニサラタケという種のようです。
全体にベニチャワンタケなどよりも肉厚で、色彩もあずき色に近いやや暗い色合いなのが特徴のようです。
10月にウスミベニサラタケを知ったことにより判明しました。



ベニチャワンタケモドキ04


こちらがすぐ近くに出ていた成菌。
白い毛はあまり目立たなくなり、形もより薄いチャワン型に、色もより鮮やかです。
この時期の森の中でよく目立つ美しい色彩です。

こちらはベニチャワンタケ、もしくはモドキに近い種と思われます。
近くに出ていたので幼菌と成菌と思いましたが、別種のようです。

  1. 2017/10/04(水) 23:56:47|
  2. きのこ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0