極地彷徨―北インド古典音楽 & 菌類―

《 Live Information 》  2017/10/21 (sat) at 根津    ●2017/11/19 (sun) at 町田    ●2018/2/3 (sat) at 町田

Emtidi / 1st

emtidi.jpg

Emtidi 『Emtidi』
(1970年 ドイツ Thorofon再発)

彼らはドイツの男女デュオで、2ndの『SAAT』はプログレとしてそこそこ有名ですが、この1stは純粋なアシッドフォークでオリジナルは極めてレア。
この再発はドイツで再発の際に、ディスクユニオンが日本で販売した限定セカンドプレスです。
12弦を主としたシンプルなバックに、男女vocalの掛け合いが心地よく、特にA-2などのミステリアスな作曲は本当に素晴らしい。
ほの暗い中、エコーのかかったような音質と全体の空気感は当時の自主盤ならではでしょう。
特に注目すべきはB面で、ほとんどがインストなのですが、非常に耽美的、それでいてプリミティヴな演奏で個人的には究極の一つです。

  1. 2008/07/07(月) 00:37:46|
  2. サイケ、アシッドフォーク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<プシュカル ラクダ市 その3 見世物小屋 | ホーム | プシュカル ラクダ市 その2>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyokuchi.blog116.fc2.com/tb.php/13-dae5e4e1