極地彷徨―北インド古典音楽 & 菌類―

《 Live Information 》  2017/10/21 (sat) at 根津    ●2017/11/19 (sun) at 町田    ●2018/2/3 (sat) at 町田

サーランギ取材 再び!

kamal ahmed, amir khan, arshad khan

やっと第二回目のサーランギ奏者取材を行いました。
今回はUstad Kamal Ahmed(中央)と、そのご子息Amir Khan(右)。

Kamal Ahmed jiはデリーのボーカルやカタックの大舞台でたびたびお呼びのかかる奏者で、5年前から憧れていた奏者です。
今回のデリー滞在も足繁くコンサートに通ってますが、毎回舞台上での演奏を見ている方なので、間近にその演奏を見ることができるというのは感無量です。
各ソロ演奏に加え、親子揃っての演奏も披露していただき、素晴らしい取材になりました。

タブラはなんとあのAhmed Jan Thirakwaの孫に当たるArshad Khan。
若いですが、腕前は圧巻です。

前回はタンプーラマシンを使ったのですが、今回は知り合いの楽器屋でタンプーラを借りてきて、しっかり生音で録音しました。
ちなみに自分が弾いたのですが、実際に伴奏に参加するのは初めてで、正しい運指なども教えてもらい非常によい経験になりました。

さて、取材後は録音の編集作業に入るわけですが、いかんせん経験が少なく苦戦してます。
しかし演奏者にヘッドフォンで録ったばかりの録音を聴いてもらうと、音質に驚いてくれ、さらに違うラーガを演奏してくれることもあり、こちらとしてもやる気が出ます。
録音、マスタリングを含めて、プロの演奏に見合ったものを成果に残したいものです。

また報告します。

  1. 2013/10/15(火) 03:47:19|
  2. インド2013|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<サーランギと伴奏について | ホーム | Afternoon with Indian Classical Music>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyokuchi.blog116.fc2.com/tb.php/164-7792568b