極地彷徨―北インド古典音楽 & 菌類―

《 Live Information 》  ●2017/11/19 (sun) at 町田

Ustad Sabri khan saheb


インド滞在を終え、無事に日本に戻りました。
帰国前2週間ほどはとてもばたばたしており、なかなか更新できてないですが、取材の成果も思った以上のものになりました。
それはまた報告するとして、今回の滞在の最後に、師匠の師匠である伝説的サーランギ奏者、Ustad Sabri Khan sahebのお自宅へ連れて行ってもらいました。
ついに!です。

Ustad Sabri Khan saheb 01


現在85歳を超えられており、演奏はほとんどされないようですが、とても元気にされてます。
それにしても写真では何度も見ていたけど、何歳になられてもかっこいい。
本当にハンサムな方だと思います。
優しく僕を迎えてくれました。

訪ねるとすぐにサーランギを弾けとのことになり、家族らの見ている中、サーランギを披露させていただきました。
かなり緊張しましたが、畏れ多くも勿体ないくらいのお褒めの言葉をいただき、とても嬉しかった。
でも一点、

「運指、変えたのか?」

と訊かれドキッとしました。
実は長く師匠を離れ独学で学んでいた最中、運指を変えていたのです。
他の流派の奏者の運指を見てきたということもありました。
これは師匠にもしょっちゅう注意されていて、なかなか直せるものでもないなと思っていた矢先でした。

「はい、日本にいる間、運指を変えてしまいました。」

「そうか。でも各音がちゃんとぶれずに出せてるからノープロブレムだよ。」

…えっ!
これはちょっと意外なお言葉でした。
サーランギは、というかインド音楽自体、決まった様式にとらわれ過ぎる必要のない音楽なのだな、と改めて痛感した思いです。
あるいはSabri Khan sahebご自身が、自分の流儀を押し付けることのない寛容さを持ち合わせているということなのかもしれません。

取材や演奏活動など、かなりの充実したサーランギの活動ができた今回の滞在の最後に、Sabri Khan sahebにお会いすることができたというのは感慨深いものがありました。
これからもお元気に、長生きしていただきたいです。

最後に70年代のSabri Khan sahebの映像を以下に貼っておきます。




  1. 2013/12/27(金) 00:44:11|
  2. インド2013|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<謹賀新年2014 | ホーム | 冬至のインド音楽イベント>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyokuchi.blog116.fc2.com/tb.php/171-d82e61b0