極地彷徨―北インド古典音楽 & 菌類―

《 Live Information 》  ●2017/11/19 (sun) at 町田

インドのきのこ その2

india mushroom 004

腐生菌。
仄かな色づきが綺麗。

以下、すべて2013年8月~9月にデリーにて撮影したものです。

india mushroom 009

横にあるトゲトゲしたのもきのこ?
見逃していました。

india mushroom 012

上下にマンネンタケ。
樹上に出ることは珍しい気がします。

india mushroom 013

凛々しいお姿。

india mushroom 024

デリーの雨季に一番よく見かけたのはこのマンネンタケでした。
かなり大きく成長します。

india mushroom 025

マンネンタケテーブル!直径50㎝超!

india mushroom 026

なんと地面から生えて空中で一体化してます。
インド産マンネンタケ、恐るべき、です。

india mushroom 018

大きな木の、、、

india mushroom 019

ちっちゃなきのこ。
「木の子」という言葉が似合います。

india mushroom 008


india mushroom 027

インドの雨季は9月には終わります。
10月に入ると乾季に入り、全くというほど雨が降らず、きのこもほとんど見れなくなってしまいました。
雨季のうちにもっと精力的にきのこを探せばよかったと悔やまれます。

mushroom kebab 01

おまけですが、マッシュルームケバブの屋台。
インドではきのこを食べる文化は一般的でないので、最近できてきたものかもしれません。

mushroom kebab 02

缶詰で出回ってるかなり大型のマッシュルームが使われます。
上の豆腐みたいなのはインドではポピュラーなパニールというチーズ。

mushroom kebab 03

焼きあがると串から外し、スパイスをかけてルーマリーローティにくるんで出来上がり。
もちろんスパーシーでジューシー。美味しかったです。

india mushroom 023

最後に変形菌。ムラサキホコリの仲間?
この最後の一枚のみ10月初旬、聖地リシケシュにて撮影。

  1. 2014/04/13(日) 12:39:08|
  2. きのこ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<タマゴタケ | ホーム | インドのきのこ その1>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyokuchi.blog116.fc2.com/tb.php/175-166f2c42