極地彷徨―北インド古典音楽 & 菌類―

《 Live Information 》  ●2017/11/19 (sun) at 町田

サーランギ音源 その1 Ustad Sultan Khan

sonorous sound of sarangi

Sultan Khan & Zakir Hussain 『Sonorous Sound of Sarangi』
(2002年 ドイツ盤CD Chhanda Dhara )

サーランギ奏者として今をときめくUstad Sultan Khanスルタン・カーン氏と、言わずもがなの人気のタブラ奏者Ustad Zakir Hussainザキール・フセイン氏ら名コンビによる2001年ドイツにおける名演。
Ustad Sultan Khanの演奏は緩急のつけ方、間のとり方、豊かな旋律などやはりサーランギ演奏の一つの完成されたスタイルだと思います。
このライブはアラープから、タブラの掛け合いにいたるまで緊張感にみなぎった最高の演奏の一つ。
後半部ではサーランギ奏者としてだけではなく、歌い手としてのUstad Sultan Khanの魅力も充分に実感できます。
録音もよく、観客の盛り上がりも臨場感あふれ伝わってくる。
比較的手に入りやすいので、サーランギの音源をはじめて聴く方にもお勧めです。


  1. 2008/07/30(水) 19:31:59|
  2. サーランギ、インド音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<プシュカル ラクダ市 その6 | ホーム | プシュカル ラクダ市 その5>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyokuchi.blog116.fc2.com/tb.php/18-db92bac7