極地彷徨―北インド古典音楽 & 菌類―

《 Live Information 》  ●2017/11/19 (sun) at 町田

アネモネタマチャワンタケ

アネモネタマチャワンタケ01

アネモネタマチャワンタケ 2015年4月下旬 長野県


その名の通り、アネモネなどイチリンソウの仲間の根に寄生して発生する茸。
実際にこの菌に寄生されると致命的であるらしく、アネモネなどを育てている人にとっては病原菌として嫌われているようです。
この茸を探すためだけに地面を這いつくばる私のような人間もいるわけですが。



キクザキイチゲ01

アネモネタマチャワンタケの周りに咲いていたキクザキイチゲ。
春のほんのわずかな間だけ姿を見せ、跡形なく消えてしまう「スプリングエフェメラル」の一つ。
可憐で清らかですが、地面化ではこうした病原菌との生存競争が繰り広げられているわけですね。

  1. 2015/05/17(日) 18:06:26|
  2. きのこ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<不明菌 | ホーム | ミズベノニセズキンタケ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyokuchi.blog116.fc2.com/tb.php/294-15bc38d3