極地彷徨―北インド古典音楽 & 菌類―

《 Live Information 》  2017/10/21 (sat) at 根津    ●2017/11/19 (sun) at 町田    ●2018/2/3 (sat) at 町田

秘密結社○○教団 『アリス / あくまのお話し』

alice akumanoohanasi

group gu

秘密結社○○教団 『アリス / あくまのお話し』
(1969年? 日本盤EP URC)

金延幸子が残した貴重なシングルのうちの一枚。
秘密結社○○教団という怪しげなグループのメンバーは彼女のほかに中川イサト、村上律、瀬尾一三、松田幸一で、「愚」という名義でも活動していたようです。
はっぴいえんどの影響が色濃かった名作『み空』と比べても、こちらはより静かな演奏で、LSD体験から作曲したと言う楽曲は陶酔感のあるドリーミーアシッドフォークといえる必殺の内容。
かといって、もちろんドラッギーな音ではなく、金延幸子らしい凛とした美しさが感じられる音です。
同名義のもう一枚のシングル『あかりが消えたら/マリアンヌ』と共に、日本のfemale acid folk界の神棚に置きたいような一枚。
CDでは『時にまかせて -金延幸子レア・トラックス』に両作品とも収録されています。
なお名作『み空』も最近GuerssenレーベルよりLPにて再発されました。必聴!

  1. 2008/10/05(日) 23:06:14|
  2. サイケ、アシッドフォーク|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<バイラブナート寺院 | ホーム | プシュカル サドゥ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyokuchi.blog116.fc2.com/tb.php/36-c95d8ac6