極地彷徨―北インド古典音楽 & 菌類―

《 Live Information 》  2017/10/21 (sat) at 根津    ●2017/11/19 (sun) at 町田    ●2018/2/3 (sat) at 町田

ハナサナギタケ

ハナサナギタケ02

ハナサナギタケ 2017年8月上旬 東京都

冬虫夏草の中ではもっとも見つけやすい種の一つであるハナサナギタケ。
蛾の蛹から発生する虫草で、よく行くフィールドでもこの時期にごく普通に見ることができます。

そんなわけでいつもスルーしてしまう種なのですが、今回見つけたのはなかなか見事なもので思わず撮影してしまいました。




ハナサナギタケ03


枯れ枝の中にいる蛹から発生しているものですが、ほぼ360度にわたりずらりと分生子柄束を伸ばし、まさに満開状態。
どのような形になるかは宿主の栄養価はもちろん、湿度などの環境次第ですが、今回のは高い位置に発生していたこともあってか理想的な発生環境を満たしていたようです。
ハナサナギタケの名に恥じぬ立派な個体です。

  1. 2017/08/29(火) 23:17:17|
  2. 冬虫夏草|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<キツネノハナガサ | ホーム | ヒメシロウテナタケ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyokuchi.blog116.fc2.com/tb.php/490-a01f1123