FC2ブログ
Sarangi Fungi blog―北インド古典音楽 & 菌類―

《 Live Information 》  ●2020/8/29(sat)at 青梅市

アカンソミセス・アラネアルム & マユダマタケ

アカンソミセス・アラネアルム01

Akanthomyces aranearum(アカンソミセス・アラネアルム)&マユダマタケ 2017年8月上旬 東京都

沢沿いの岩肌に人知れず着生していました。
アカンソミセス・アラネアルムは蜘蛛から出る冬虫夏草で、写真の宿主からたくさん出ている白い分生子束がそれです。
それ以外にマッチ棒状のストローマが一本出ていますが、これは実は別物。




マユダマタケ01


いわゆるマユダマタケという冬虫夏草で、単体でも発生しますが、他の様々な冬虫夏草に重複寄生することでも知られる種です。
この場合はやや古くなったアカンソミセス・アラネアルムにマユダマタケが重複寄生しているということかもしれません。
1匹の蜘蛛から2種の冬虫夏草が見れるというのも、まあお得といえばお得ですね。
しかし足場の悪い岩肌に出ている極小の菌類の写真を撮るのは容易ではなく、来年はこうしたシーンに対応できる機材を揃えようと思わせてくれる1件ではありました。

  1. 2017/09/10(日) 13:03:59|
  2. 冬虫夏草|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<キヒダタケ? | ホーム | チチタケ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyokuchi.blog116.fc2.com/tb.php/494-2682a7c1