極地彷徨―北インド古典音楽 & 菌類―

《 Live Information 》  ●2017/11/19 (sun) at 町田

ライブ報告 & 引越し

kanso live

ライブ無事終了しました。
会場のbar kansoは天井が高く、白塗りの壁、シンプルに缶詰を並べた雰囲気が抜群のスペース。
出演者の方々も皆、素敵な演奏を聴かせてくれました。
来て下さった皆様、有難うございます。

私は初ライブでしたが、悪くない出来だったと思います。
東京在住のサーランギ奏者、川崎ピースケさんのブログ、サーランピーに告知を出していただき、これはつまらない演奏はできないぞ、と気を引き締めました。
ラーガはモルコウンス、霊的な逸話に富んだ真夜中のラーガです。
演奏の反省点としては

・緊張してアラープの出だしで手が震えたこと。サーランギは弓奏楽器なので音も震えました、恥ずかしい。もっと場数を踏まないとダメですね。

・生音で響くと言いつつ、結局マイクを使ったこと。

・特にドゥルット(急章)で、いろいろ考えていたフレーズが出てこなかった。もっと順序づけて頭の中でまとめておかなくては。

・ドゥルットで、即興のフレーズからガット(繰り返しのメロディー)に移るタイミングがまだまだ下手。うまくサムに合わないことも何度か。

・2回目のタブラソロのときのラヘラが速すぎた。タブラを叩いてくれた相原さん、すみませんでした。でもうまくいってよかった。

といったところでしょうか。他にも、やろうとしていたことで出来なかったこともありました。また次回挑戦します。
サーランギはこれからも精力的に取り組んでいくつもりです。
またライブのときは告知しますので、お越しください。

現在引越しを終えたばかりで、4月からは名古屋在住となります。
ネット環境がなくなるので更新も遅れるかと思いますが、インド写真など必ずアップしていくので、時折覗いてみてください。

  1. 2009/03/30(月) 15:11:42|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<お久しぶりです | ホーム | ライブ詳細>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyokuchi.blog116.fc2.com/tb.php/63-986add86