極地彷徨―北インド古典音楽 & 菌類―

《 Live Information 》  ●2017/10/21 (sat) at 根津    ●2017/11/19 (sun) at 町田

ドクツルタケ近縁種

ドクツルタケ近縁種02



ドクツルタケ近縁種03



ドクツルタケ近縁種01

ドクツルタケ近縁種 2017年8月中旬 東京都

ドクツルタケの近縁種には、シロタマゴテングタケ、アケボノドクツルタケ、ニオイドクツルタケなどがあって、それぞれに特徴とされるポイントがあるのですが、どれにも当てはまらないものも多くて、結局のところ肉眼での同定が難しい。
写真のものも、決定打がなくてよくわかりませんでした。
いずれにせよ猛毒なのは間違いなく、都内の公園にこんな猛毒菌が出ているというのも不思議といえば不思議な光景です。
(同じ猛毒菌でも、カエンタケはなぜか毎年どこぞの公園で見つかって騒ぎになって駆除される、というニュースが流れるのはなぜ?)
なお、最後の写真の後ろに写っているのは別種です。

  1. 2017/09/04(月) 23:33:55|
  2. きのこ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

キツネノハナガサ

キツネノハナガサ01

キツネノハナガサ 2017年8月上旬 東京都

コガネキヌカラカサタケかな?と思いましたが、この足の長さはキツネノハナガサの幼菌のようです。
この2種は成菌になると全く異なる形ですが、幼菌時の姿はよく似ています。
小さいけど印象に残る姿です。

  1. 2017/09/01(金) 20:34:52|
  2. きのこ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ヒメシロウテナタケ

ヒメシロウテナタケ01


ヒメシロウテナタケ 2017年8月上旬 東京都

ガラス細工のような儚げな質感の小さな茸。
「ウテナ」というのは仏像にも使われる蓮の花の形をした台座のことだそうで、格調高い名前です。

  1. 2017/08/27(日) 23:40:48|
  2. きのこ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

カラマツシメジ?

カラマツシメジ01

カラマツシメジ? 2017年7月中旬 長野県

カラマツ林の下草が茂っている中に茸らしきものが見えたので、下草を少しどかして撮影。
なんだか涼しげな絵になった。

  1. 2017/08/24(木) 18:03:39|
  2. きのこ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

菌生チャワンタケ

チャワンタケ不明種01

冬虫夏草を探し回って地面を這いつくばっていると、木の根元付近に白っぽいものが目につきました。
このあたりによくあるマメザヤタケの仲間がカビにやられたものかなと思いつつ見てみると様子が違います。



チャワンタケ不明種02

不明種 2017年7月下旬 東京都

カビたような菌糸のマットの上にチャワンタケの仲間と思われる茸がびっしりとついていました。
マメザヤタケの仲間は寿命が長い分、よく他の菌にやられているのは見たことがありますが、こんな光景は初めてでした。
もしかしたらマメザヤタケの仲間に専門に寄生する種なのかもしれません。

  1. 2017/08/14(月) 20:54:53|
  2. きのこ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
前のページ

次のページ