極地彷徨―北インド古典音楽 & 菌類―

《 Live Information 》  ●2018/7/1(sun)at 自由が丘   ●2018/8/4(sat)at 町田

ツバキキンカクチャワンタケ

ツバキキンカクチャワンタケ04

ツバキキンカクチャワンタケ 2018年3月中旬 東京都

今年も気付けばすっかり春めいてきました。
椿の樹下を賑わすツバキキンカクチャワンタケもそろそろ終盤のようです。

  1. 2018/03/20(火) 22:00:13|
  2. きのこ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

サーランギ ライブ情報 2018年2月24日

20180224フライヤー

(写真はクリックで拡大します)



2018/2/24(sat) 
18:30 open / 19:30 start
at 西荻窪 音や金時
¥2700

◎出演
寺原太郎(バーンスリー)
西沢信亮(サーランギ)
原田康生(タブラ)


***


国内外で幅広く活躍されているバンスリ奏者の寺原太郎さんと初共演させていただくことになりました。
寺原さんは民族音楽が好きな方ならご存じの方も多いと思いますが、ラーガの深い理解に基づいた美しい旋律を変幻自在に奏でる素晴らしい演奏家です。
バンスリとサーランギは全く異なる楽器ですが、音を伸ばせるという共通点があり、インド音楽の表現方法としては近いところにある楽器ともいえます。
タブラはいつも美しい音色とリズムで支えてくれる原田康生さん。
僕としてもとても刺激をいただけそうなライブで楽しみです。
ぜひお越しいただければ幸いです。
  1. 2018/02/08(木) 20:41:12|
  2. ライブ情報|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

謹賀新年 2018

犬と牛


今年もよろしくお願いいたします!

  1. 2018/01/01(月) 00:00:00|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

サーランギ ライブ情報 2018年2月3日

sarangi sangeet vol2 フライヤー



『Sarangi Sangeet ~インドとネパールのサーランギ~ vol.2』

2018/2/3(sat) 
18:30 open / 19:00 start
at 町田 万象房
¥2500(1ドリンク付)

◎出演
インドサーランギ…西沢信亮
ネパールサーランギ…伊藤香里
タブラ…原田康生
マーダル…勝田信明

予約は万象房まで
TEL.042-851-8875(月曜休)

・facebookのイベントページ
https://www.facebook.com/events/154481511862116/


***


大好評だったイベント「Sarangi Sangeet」の第2回目を開催します。
名前は一緒でいて、形も音色も全く異なるインドのサーランギとネパールのサーランギ。
それぞれの楽器の特徴を解説し、実際の演奏を聴き比べ、その表現の違いを楽しむイベントです。
打楽器もインドのタブラ、そしてネパ―ルのマーダルと、共通点も多いものの全く異なる2種の楽器を同時に聴くことのできる機会は滅多にありません。
いずれも伝統音楽に取り組んでいる奏者が集うので、インド音楽とネパール音楽の聴き比べができるのもこのイベントならではです。
アジアの音楽に興味のある方のみならず、弓奏楽器、打楽器に興味のある方もぜひ見ていただきたい内容です。
ぜひお越しください。




●追記1

終演後にサーランギの音出し体験コーナーを設けます。
インドサーランギもネパールサーランギもご希望の方は実際に触って音を出すことができます。
なかなかない機会なので興味のある方は是非この機会にお越しください。

なお、インドサーランギは会場の万象房で教室を開講中です。

http://musictown2000.sub.jp/banshowboh/sarangi_nishizawa.html

随時体験レッスンは受け付けていますが、このイベントではもっと気軽に楽器を体験していただけますので、サーランギ演奏に興味のあるかたはお見逃しなく!




●追記2

また、席数に限りがあるため、確実に座りたい方はできる限り予約をお願い致します。




  1. 2017/12/24(日) 22:59:11|
  2. ライブ情報|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

クリノシロコナカブリ

クリノシロコナカブリ01


クリノシロコナカブリ 2017年10月中旬 東京都

栗のイガから出ている茸。
シロコナカブリかな?と思い調べてみたところ、クリノシロコナカブリという仮名の記載があり、どうやら別種とされているようです。
茸の発生環境は驚くほど様々ですが、まさに針のむしろともいえる環境から出る茸はそう思い当たりません。(近いものではフウノミタケくらい?)
いずれにせよ写真を撮る側からすると実に面白い被写体です。

  1. 2017/12/22(金) 18:02:39|
  2. きのこ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ

次のページ